✿真珠についてのお話✿

この4月より、おかげさまで東京真珠は創業59年目を迎えることが出来ました!!
気持ちも新たにこれからは、東京真珠の代名詞でもある真珠のことについても、このブログでお伝えしていこうと思います♪

それでは記念すべき第1回目の本日は・・・


「そもそも真珠ってどういう種類があるの?」
意外とよく聞かれます。


ということで、基本編!!


<三大真珠〜真珠の種類と主な産地について〜>

✿あこや真珠✿
〜きめ細かく、透明感のある輝きが魅力〜
→あこや貝、大きさ約10cm
→愛媛・三重・長崎・熊本の4県が中心で、日本の90%を占めている

✿黒蝶真珠✿
〜カラーバリエーション豊富で神秘的〜
→黒蝶貝、大きさ約20cm
→タヒチ産が90%以上を占めている(その他、ニューカレドニア、石垣島など)

✿白蝶真珠✿
〜大きく華やか。格調高く、金色もあります〜
→白蝶貝、黄蝶貝、大きさ約25cm
→オーストラリア、インドネシアの2か国で約90%を占めている(その他、フィリピン、マレーシア、ミャンマーなど)




内側より
①あこや真珠×2本
②白蝶真珠(金色)
③白蝶真珠
④黒蝶真珠

皆さま、ご存じでしたでしょうか。
このように、ひとことに真珠といっても、どこでも養殖が可能なわけではなく、それぞれの貝の生息に適した、非常に限られた場所で真珠の養殖がおこなわれています。

次回は<真珠のお話〜番外編〜>をお送りいたします。
お楽しみに♪
  • 2017年4月10日