ダイヤモンド 4C(フォーシー)とは

ダイヤモンドのエンゲージリングを購入されるときに、
ぜひ知っておいていただきたいポイントがあります。

それが<4C>。
これは、カラット(Carat)・カラー(Color)・クラリティ(Clarity)・カット(Cut)の頭文字をとった呼び名で、この4Cの評価によってダイヤモンドの価値が決められています。

ダイヤモンド カラット(Ct)とは

ダイヤモンドの重さはカラット(Ct)で示されます。1Ctは0.2g、これはギリシャ時代に天秤の重りで使われていたイナゴ豆(キャロブ)が語源で、
キャロブ一粒が0.2gだったことに由来しています。下記の写真はカラット別にみるダイヤモンドのおおよその大きさです。

カラットとサイズ比較

CARAT

ダイヤモンド カラーとは

ダイヤモンドは無色透明に近いほど価値があります。 グレードはDからZまでの23段階、黄色や茶色味が加われば加わるほど価値が下がります。

ダイヤモンド カラー 段階説明

CARAT

ダイヤモンド クラリティとは

クラリティとは透明度のことで、宝石に特有の内包物やキズが無く透明度の高いものほど価値があります。
大抵のダイヤモンドは結晶する時にできた内包物やキズを持っていますが、それは自然が与えたダイヤモンドの指紋のようなもので、
言わば天然ダイヤモンドの証でもあります。グレードはFlawlessからI3まで11段階に格付けされます。

ダイヤモンド クラリティの段階詳細内容

CARAT

ダイヤモンド カットについて

ダイヤのより美しい輝きを求めて、人類は様々なカットを編み出してきました。その歴史は14世紀まで遡り、当時はダイヤ粉とオリーブ油を混ぜた
研磨剤を革に付け、原石を強く擦りつけて削ったとのことです。17世紀にイタリアの研磨師が58面のブリリアンカットを考案。
その後、ユダヤ人数学者のトルコウスキーがブリリアンカットの輝きを最大限に引き出すプロポーションを割り出し、現在に至ります。
カットはダイヤモンドを美しく輝かせるための最も重要なポイントで、プロポーション、シンメトリー、ポリッシュの3つの要素の総合で評価されます。
この3つの要素が全てExelent評価のカットは、トリプルExelentと呼ばれ、特に希少性が高いものとされております。

ダイヤモンド カットの種類

CARAT